犬スタイル

犬の飼い方や気持ちを3匹の犬飼いがお届けする総合情報まとめサイト

*

【動画付き】犬の毛並とツヤツヤにするためのブラッシングテクニック

      2016/05/22

collie-817733_640

うちは室内飼いなのですが、毎日抜け後が服についているので、服をコロコロすることから1日が始まります(^^;)

抜け毛が少ないスムースコートの犬などはお手入れも楽なのですが、うちはゴールデンレトリーバーという毛を大量にまき散らすロングコートがいるので、こまめなブラッシングは欠かせません。

 

「効果的な5つの犬の抜け毛対策!換毛期の抜け毛をキレイに解消」では犬の抜け毛対策についてお話ししましたが、

やはり抜け毛はしっかりとしたブラッシングを行うことが一番の対処法です。

ここでは日頃の犬の正しいブラッシング方法をご紹介します。

スポンサーリンク

まずは犬の毛の種類を確認

犬の毛は被毛とよばれますが、被毛には5つの種類があります。

まずは犬の被毛が何のタイプかを確認することで、ブラッシングのための正しいブラッシングの方法や頻度が分かります。

詳しくは「うちの犬は何タイプ?犬の毛5つの種類別お手入れ方法」をご覧ください。

 

ブラシの種類を選ぶ

ブラッシングをするためには、もちろんどのブラシを選ぶかがとても重要です。

メジャーだからと言って、短毛の犬にスリッカーブラシのハードタイプを使っていたら、皮膚炎を起こしてしまう危険性があります。

 

今は獣毛が流行っているからとそれだけでブラッシングをしていると、これも抜け毛が多い犬には役に立ちません。

自分の犬にはどのブラシが最適なのか、ブラシの種類と組み合わせをまずはチェックしましょう。

詳しくは「犬のブラシ選びはコレで決まり!5つのブラシの特長から使い方まで」をご覧ください。

 

ブラッシングの方法

犬がどのタイプの毛か、ブラシは何を使うのが一番最適かを確認したら、次はいよいよブラッシングを開始していきましょう。

 

基本的なブラッシングの順番

①コームで毛の流れを整える
この時は表面のもつれを整える程度でOKです。
ロングコートなどの長毛の犬の場合、根元がブラッシングしやすいように整える役割をします。

 

②スリッカーやラバーブラシなどで、ブラッシングしていく
順番はまず犬が一番警戒心を持っていない背中から腰にかけて、撫でながらブラッシングします。
コミュニケーションも兼ねているので、お話ししながら犬との時間を楽しみましょう。
次に体のサイド、お腹、足先、首、耳の順番でブラシをかけていきます。

毛がロングコートやダブルコートの犬は、表面をなでるようにしても抜け毛は残ってしまうので、もう一方の手で毛をかきかけてとかしましょう。
一か所一か所を丁寧にブラッシングします。

 

③次に残しやすい犬の脇のブラッシングをしていきます。
犬の脇はすれるので毛玉ができやすいのですが、ブラッシングをしない飼い主さんも多いです。
犬自体も脇を触られることに慣れていないので、嫌がる犬もいます。
徐々にブラッシングのたびに少しずつ触れていき、慣れさせていきましょう。

 

④最後はお顔のブラッシングです。
顔は目など柔らかく重要な器官があるので、必ずコームを使用します。
犬が不用意に首を動かさないように、首や顔に手を添えて固定してからブラッシングをかけます。
ショートコートやスムースコートの短毛の犬の場合、ぬるま湯のタオルで顔を拭いてあげてもOKです。

 

⑤全体のブラッシングが終わったら、毛並をキレイに整えるため再度コームを使用します。
①のコームはブラッシングをしやすいように毛の流れを整えるために使用しましたが、ここでは毛並を綺麗に仕上げるために使用します。
ピンブラシやラバーブラシはどうしてもブラッシング後の見た目は悪くなるので、せっかくならコームを使って綺麗にしてあげましょう。

 

⑥ロングコートの犬や、コンテストなどの出場を目指している場合は、最後に獣毛ブラシを使用します。
普通に仕上げるなら⑤の過程まででブラッシングは終了です。
獣毛ブラシは毛艶を出すために作られたブラシで、油分が高いため犬の毛にさっと滑らすとなめらかな光沢をつけてくれます。

スポンサーリンク

ブラッシングのポイント

4907733146011

スリッカーブラシはブラッシングに必需品ですが、見た目通りピンがたくさん刺さっていてけっこう痛いです。

犬は毛があるから大丈夫、とガシガシブラッシングしてしまうと皮膚の炎症を引き起こします。

スリッカーブラシは拳を作って持つのではなく、ペンを握るように柄をもちましょう。

 

そうすると力が分散して、ブラシに適度な力が加わります。

また、柄は木製の方が静電気が起きにくいのでおすすめです。

毛が絡まっている場合は、ブラシでガシガシ力まかせにすると犬が痛がってしまうので、根本を持ってブラシをかけましょう。

ピンブラシやラバーブラシを主に使っているなら、毛玉がある部分だけはスリッカーブラシを使っていいです。


スポンサーリンク

 - 犬の生活 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

愛犬との最後のお別れ。犬の葬儀の選び方~当日の流れと料金まで~

子供のようにかわいがってきた愛犬にも、必ず最後の日が訪れます。 私も今までに、何 …

誰でも簡単にできる!自宅で出来る犬の爪切りのコツ

犬の爪切りをしたことがありますか? あまり考えないでやると、どのあたりまで切って …

犬に噛まれたとき早急にしなければならない2つの対応・処置

今は犬だけが外を歩いているという事は滅多にないことですが、昔は犬の放し飼いやのら …

あなたは大丈夫?犬を飼う前にアレルギーについて知っておこう

犬を初めて飼う人にとって、自分がまさか犬アレルギーであるとは夢にも思わないでしょ …

犬のお風呂の入れ方基本編 シャンプーからドライヤーのかけ方まで

犬にお風呂って必要なの? 私が中学生の頃、柴犬を初めて飼いましたが、お風呂に入れ …

犬にかかる費用っていくら?月々~一生涯にかかるお金まとめ

うちでは小型犬と大型犬の2匹を飼っていますが、だいぶ費用の面では差があるなと家計 …

たまに叩いてしまう?犬を叩くしつけは百害あって一利なしな理由

犬が言うことを聞かずに思わず叩いてしまった・・・そんなことも犬と一緒に生活してい …

犬の種類によって違ってくる散歩の時間と意外な時間帯

散歩の時間はどの位が適当なのか 犬を飼ったら必要なものが散歩ですよね。私も毎日、 …

小型犬~大型犬の正しい抱っこの仕方を完全マスターしよう!

犬は抱っこするとしつけができなくなってしまうから、ダメ!そんなことを聞いたことが …

犬を元気に長生きさせるための10のストレス解消方法

「気づいてあげよう!分かりにくい犬の8つのストレスサイン」では犬が発している、ス …